審美歯科、ホワイトニングweb-[審美歯科の土台−ファイバーコア]相模原市

審美歯科 ホワイトニング web 福富歯科クリニック
MAIL
審美歯科って?
審美歯科の考え方
ホワイトニング(歯の美白)
オフィスホワイトニング
ホームホワイトニング
歯の中側からのホワイトニング
ホワイトニングする前に
歯の色ついて
ホワイトニングの料金
歯を白くしたい
変色の原因
歯の着色汚れ
気になりませんか?
ラミネートベニア(歯のつけ爪)
歯のマニキュア
材質について
保険の被せものについて
審美歯科の土台
ファイバーコア
審美歯科のセラミックス
セレック
オールセラミックス
ジルコニア
相互リンク
お問い合わせ
歯周病 歯槽膿漏 web
インプラント web
矯正歯科 歯列矯正 web
福富歯科クリニック(相模原)

審美歯科の土台−ファイバーコア   歯や歯ぐきにやさしく、見た目もきれい

ファイバーコア 神経がなくなった歯に被せ物をするときは、歯に土台(コア)をいれて補強してから被せ物を装着します。 従来は金属の土台(メタルコア)が使用されることがほとんどでした。 金属は、歯よりしなやかさ(弾性)がないため、応力が集中しやすく、歯が割れやすくなります。(歯根破折)
そこで、歯根破折を防止するために開発されたのがファイバーコアです。
ファイバーコアは、歯と似たような、しなやかさ(弾性)があるため、歯の破折を予防することができます。 また、見た目もきれいで(審美的に優れる)、金属アレルギーの心配もないなどのメリットが多くあるため、普及しつつある材質です。
日本では、2003年に厚生労働省の認可がおりた新しい材質です。

メタルコアとファイバーコアの比較

メタルコア(金属の土台) ファイバーコア(グラスファイバー補強の土台)
メタルコア ファイバーコア
@ しなやかさ(弾性)がなく、応力が集中し、歯の破折の可能性が大きくなる。 @ 歯と似たような、しなやかさ(弾性)があり、歯の破折の予防となる。
A 内側に金属を使用するため、光透過性が悪く、透明感、明るさがでにくい。 A 光透過性が高く、きれいな色調が再現できる。より高い審美性を得ることが可能。
B 金属が腐食して、歯や歯ぐきを黒く変色させることがある。 B メタルフリーなので金属アレルギーの心配がない。
C 歯の削る量が多くなる C 歯の削る量が少なくてすむ。
D 再治療時の撤去が困難 D 再治療時の撤去が容易
E 保険適応 E 保険適応外

歯が折れるのを防止(歯の破折の防止)

ファイバーコア メタルコア(金属の土台)は、しなやかさ(弾性)がなく応力が集中し、歯の破折の原因となりやすいです。
ファイバーコアは、歯と似たような、しなやかさ(弾性)があり、衝撃を吸収し歯の破折のリスクを減らすことができます。 建築でいう耐震構造のようなものです。
 
歯根が破折すると、抜歯しなければいけない場合が多いです。     → 歯根破折の歯を保存する方法

ファイバーコアは、見た目がきれい(優れた審美性)

土台(コア)の種類による透過光の違い。
メタルコア メタル補強の土台(コア) ファイバーコア
金属を使用した場合、その部分が暗くなり、きれいな色がでにくいです。 光を遮るので、歯や歯ぐきのまわりが黒く見えてしまいます。
ファイバーコアは、メタルフリーなので透明感があり、明るい色調が再現できる方法です。 光を通すので歯や歯ぐきのまわりがキレイに仕上がります。→(オールセラミックス)
ファイバーコアは、審美歯科に向いている材質です。

金属は、溶出し歯や歯ぐきを黒く変色させることがあります

<症例1> <症例2>
メタルコア:歯の変色 メタルコア:歯茎の変色
金属が溶出し、歯が黒く変色しています。 金属が溶出し、歯ぐきが黒く変色しています。
金属は、審美歯科に不向きな素材です。
Copyright (c) Fukutomi Dentistry clinic All Right Reserved.